目指せ!看護師国試合格

必修予想問題 1000本ノック!

189本目!

障害されると四肢の運動失調がみられるのはどれか.

1 .大脳

2 .中脳

3 .小脳

4 .海馬

解答3

【解説】

小脳は,内耳からの平衡覚や深部知覚などからの刺激により,筋の緊張と運動の調節を行う.小脳機能の障害により,姿勢のふらつきや動作のぎこちなさ(歩行障害や身体動揺)が現れる.これらの障害を小脳性運動失調という

188本目!

加齢による身体機能の変化で上昇・増加するのはどれか.

1 .肺活量

2 .造血機能

3 .基礎代謝率

4 .収縮期血圧

5 .腎血流量

解答4

【解説】

1 × 肺機能の予備能力の低下により,肺活量は低下し,最大酸素摂取量が減少するために,息切れしやすくなる.

2 × 加齢により造血機能は低下する.高齢者の貧血の重要な背景となる.

3 × 加齢により筋肉細胞は減少するため,基礎代謝率は低下する.

4 〇 加齢により大動脈の伸展障害や弾力性低下が生じ,硬化が進んで収縮期血圧は上昇する.拡張期血圧は上昇しないため,脈圧は増大する.

5 × 加齢により腎血流量,糸球体濾過率,尿細管機能などが低下する.

187本目!

出血性ショックで起こるのはどれか.

1 .体温上昇

2 .血圧低下

3 .多尿

4 .顔面紅潮

5 .低血糖

解答2

【解説】

ショックとは,重要臓器の血流が維持できなくなり,細胞の代謝障害や臓器障害が起こり,生命の危険にいたる急性の症候群である.おもな症状は,血圧低下,顔面蒼白,冷汗,虚脱,脈拍触知不可,呼吸不全などである.

186本目!

ワルファリンを処方されている患者が摂取を控えたほうがよい食品はどれか.

1 .チーズ

2 .納豆

3 .昆布

4 .グレープフルーツ

解答2

【解説】

1 × チーズはチラミンの含有量が多い.イソニアジドMAO(モノアミン酸化酵素)阻害薬を使用しているときに摂取すると,チラミンの代謝が阻害され,血液中のチラミンの濃度が高まり,血圧上昇,頭痛,発汗や嘔気などの症状を起こすことがある.

2 〇 ワルファリンは血液凝固阻止薬である.ビタミンKの作用に拮抗して血液凝固因子の生合成を抑制する.納豆,クロレラなどビタミンKを多く含む食品で減弱する.

3 × 昆布やひじきなどの海藻類はヨードの含有量が多い.バセドウ病など甲状腺機能亢進症の治療で放射性ヨードの内服をする際には,それらの食品を避ける必要がある.

4 × グレープフルーツは肝臓での薬物代謝を阻害し,薬物の効果を増強させる.Ca拮抗薬と一緒に服用すると血中濃度が上昇し,血圧低下や心拍数増加が起こる.

185本目!

看護師に求められるアドボケーターの役割はどれか.

1 .援助者

2 .代弁者

3 .管理者

4 .指示者

5 .指導者

解答2

【解説】

アドボケーターは代理者・代弁者と訳され,看護の現場では,患者の権利擁護(アドボカシー)の実践者を意味する.自分の意見や権利を上手く伝えることのできない患者の代わりに,意見や権利を主張する代弁者としての役割が求められる.

184本目!

心臓の刺激伝導系で興奮が最も遅れて伝わるのはどれか.

1 .ヒス束

2 .洞房結節

3 .房室結節

4 .プルキンエ線維

解答4

【解説】

刺激伝導系は,心臓の拍動を規則的に保つためのしくみであり,洞房結節が発した電気的興奮が房室結節,ヒス束,右脚と左脚,プルキンエ線維を経て左右の心室に伝わることにより,1回の心筋収縮を生じる.

183本目!

ホメオスタシスについて正しいのはどれか.

1 .体性神経支配である.

2 .ストレスによって乱れやすい.

3 .外界の変化に合わせて体内環境を変動させる.

4 .正のフィードバック機構が重要である.

解答2

【解説】

1 × 自律神経支配である.

2 〇 ストレス状態では交感神経の興奮が続き,ホメオスタシス(生体恒常性)が乱れやすい.

3 × 外部環境が変化すると,内部環境もそれに合わせて変動しようとするが,人体はそれを察知して体内環境を一定に保つように働き,ホメオスタシスが実現される.

4 × ホメオスタシスが乱れた場合には,負のフィードバックによって,もとの状態に戻そうとする.

182本目!

健康の説明で適切なのはどれか.

1 .地域や文化の影響を受けない.

2 .時代を超えて普遍的なものである.

3 .健康という概念は障害と正反対に位置する.

4 .健康を享受することはすべての人々の基本的権利である.

解答4

【解説】

1 × 健康は個人的な概念ではあるが,その人の住む地域や文化から影響を受ける.

2 × 時代の変遷とともに,健康の概念も変化している.

3 × 障害があっても,もちうる力を最大限発揮して,生きがいをもってその人らしく生きるという,総合的な健康の状態というものがある.

4 〇 WHO(世界保健機関)憲章の前文にも,健康を享受することは人種,宗教,政治的信条,経済的または社会的条件にかかわらず,すべての人が有する基本的人権の一つである,と述べられている.

181本目!

抗癌薬を点滴静脈内注射している患者の刺入部に発赤を認めたため,看護師はただちに点滴を中止した.予測したのはどれか.

1 .血管外漏出

2 .アレルギー反応

3 .末梢循環不全

4 .血圧低下

解答1

【解説】

抗癌薬が血管外に漏出することにより,周囲の組織を傷害してさまざまな症状を起こす.疼痛,発赤,腫脹,しびれ,灼熱感などの自覚・他覚症状を注意深く観察し,早期発見・対応に努める必要がある.血管外漏出が疑われたときはすぐに投与を中止し針を抜去する.判断が難しい場合は癌化学療法の専門スタッフなどに相談して対応を進める.

180本目!

主観的情報はどれか.

1 .「よく眠れなかった」という患者の訴え

2 .食事の摂取量

3 .血圧131/82mmHgという自動血圧計の測定値

4 .顔の紅潮という看護師の観察結果

解答1

【解説】

患者本人の発言や訴えが主観的情報である.看護師を含む医療従事者の診察・観察結果,検査値や測定値が客観的情報である.家族から得た患者の情報も裏づけが必要であり,客観的情報ではない.主観的情報と客観的情報を両方収集して補い合うことで,より的確に患者の状況を把握していく.